バリ島はインドネシアに属する島で、アグン山やバトゥール山など多くの火山を有しています。

島はサバナ気候に属していて、雨季のスコールの時には道路が浸水することもよく見る風景のひとつとなっています。

この島はビーチ・リゾートとしても伝統工芸や絵画などの芸術面でもとても有名で、毎年多くの観光客が訪れています。

この島にはバリ・ヒンドゥーと呼ばれる独特の教えが根ざしており、この教えに基づく生活が営まれていました。

19世紀末にオランダの植民地になってからもヒンドゥーの教えは引き継がれていて、現在でも近代の教えとともに共存するかたちで地元に根付いています。

ヒンドゥー教は戒律がとても厳しく、例えば豚を食べてはいけない、お酒を飲んではいけない、ギャンブルをやってはいけないなどの教えがあるため、島には公営のカジノはありません。

インドネシア自体が賭博が禁止になっているため、インドネシア国内では他の地域でも公営のカジノというのはいまのところ存在していません。

ドバイにカジノがあるのかどうかと、質問をする人がいるようですが、全くないようです。

それは、イスラム教の教えから、賭博は豚肉やお酒と同じように禁止されているからです。

この国での楽しみ方は、ホテルライフを満喫することのようです。

ホテルは比較的ゴージャスで、リゾートホテルのような雰囲気だそうです。

またショッピングモールも多く、高価な貴金属やブランドショップが多くなっています。

リゾート地としては、世界有数の良さがあることで評判がよくなっています。

ホテルにゆったりと滞在をし、ショッピングを楽しめるようなリゾート地として認識しておいてよいようです。

カジノなどの賭け事によってお金を儲けたり、楽しむ気分では訪れない方がよいようです。

ドバイでは、イスラム教の敬虔な教えを、真摯な気持ちで理解しようとすることが大切なことです。

この地ならではの歴史や宗教観、風土、文化、そして気候等をよく勉強してから、訪れたいものです。

観光で人気が上がってきている国ドバイ。

ホテルや空港は観光客を迎え入れるようなゴージャスなつくりになっているがカジノや賭博場は一切ない。

理由はいたって簡単だ基本的にイスラム教、豚肉やお酒に続いて賭博も禁止されているのだ。

しかし有名なのがワールドカップという競馬が世界的にも知名度があるほどである全くもって許されているのだ。

理由は簡単で、馬券を販売していないからである現地の人々は賭博のない場所で生まれ育ち、日本ではあまりイメージのよくないギャンブルをせずに暮らしてきているためギャンブルで血を燃やすなどという考えがないのだ。

そのため馬券を買わなくてもただ純粋に競馬を楽しむことができるのである。

ギャンブルや観光客を呼びつけるためのカジノがなくてもドバイには強い人気があるのだ。

治安も良く、税金も安い。

そして子どもを育てるにあたっての環境も良く移住民も多いためとても住みやすい。

人間にははなからギャンブルなどというものは必要ないのかもしれない。

カジノでサイコロを使うゲームとして非常に人気があり、盛り上がるゲームとしてクラップスというゲームがあります。

今日では当たり前のように、サイコロを使ったゲームが存在していますが、そういったものを使ったゲームはどれくらい昔から行われていたのだろうかと、ふと疑問に思います。

調べてみると、2000年以上前にローマの兵士が彼らの盾に豚のナックルを投げて遊ぶ「骨」と呼ばれるゲームが存在していたといいます。

そして、アラビア人がその勢力を元ローマ帝国まで拡大したときに、軍隊内の娯楽として骨投げ(ダイス投げ)といったゲームを行っていたらしい。

さらに時代は進み、中世ヨーロッパでフランス人によってダイスを使ったゲームが再び地中海地域に持ち込まれ遊ばれるようになり、18世紀にはフランスの植民者によってカナダへと渡ったということです。

その後アメリカの開拓者たちに紹介されゲームもクラップスとしてカジノの主役になっていったようです。

数年前の事ですが、韓国へ旅行をした時の事、結構時間的に自由だったので、なんと言っても、まずは韓国で食べ物を、食べ歩きをする事にしました。

一番に食べたいのは、焼き肉で、今よく話題になっている、豚肉のサムギョクサルは良く聞きますが、情報では、ウーギョクサルを食べれる処が有るとの事(サムギョクサルー三枚肉・ウーギョクサルー五枚肉)見つけた店は、以外にも庶民的な店で、ドラム缶を立てて中心に七輪がありそれを囲む、立ち食い方式、これが中々おいしくて、お腹一杯たべました。

それでホテル帰ったのですが、そのホテルには、カジノがあり、体験してみようと思い、入ってみる事に、まずは、簡単そうな、ルーレットに挑戦するも勝てなかった、気持ちそんなもんだろう、と思っていて、ふと先の、ブラックジャックのテーブルに眼をやると、そこには、見た事の有る人物が、そうクリームシチューの有田だった。

ここらに来て遊んでいるんだと思いつつ、早々にカジノを後にしました。

そして、ホテルのバーに寄り少し飲んで、後は部屋に帰り休む事に、あくる日は日本の成田に帰る日だったので早めの睡眠、おかげで、帰りの体調は、ベストコンディション、良い韓国旅行で成田に帰ってこれました。

関連ページ